リバウンドしないための食事制限方法


無理な食事制限によるダイエットを行う場合、リバウンドしてしまう確率が高い為、慎重に行うことが必要です。どれだけ努力を重ねて体重を減らしていても、リバウンドが起きるとせっせと減らした体重が一気に元通りになってしまいます。食事の量を少なくする場合、やみくもに食べる量を減らしてもリバウンドするだけですから、どのようにするかが重要になります。

一気に体重を減らすのではなくて、毎日決まった時間に体重を計測して、状況を把握しながら食事制限をしましょう。ダイエット中に停滞期になっているかを把握するためには、普段から体重をメモしていくことです。人間はもともと、体重が急に減った時にはリバウンドするようにできており、むしろ健康な体の証明といえます。ダイエット時の極端な食事制限によって、体が生存していくために必要な最低限のエネルギーも摂取できない状態が続くと発生します。人の体は、誰でもこのホメオスタシスという機能を備えており、このホメオスタシスがあるせいでダイエット中の停滞期が起こります。ダイエット中に停滞期になると、体重の減りが鈍化して食事制限を継続する意欲が薄れてしまいますが、それで食事量を今までどおりにすると、停滞期は続いているため、太りやすくなるのです。ダイエットの進捗状況を記録にすることで、停滞期に入ったことを察知することができますから、精神的に追い込まれずにダイエットができます。こまめに体重を計測し、記録に残しておくことで、健康を損なうほどのダイエットになっていないかや、停滞期を脱したかどうかが判断できます。ダイエット時のリバウンド対策で大事なことは、必要以上に自分にプレッシャーをかけないことです。食事制限はやり過ぎないように注意しましょう。
フルーツ青汁 効果

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress