大雨と大風で悪戦苦闘しました


引越しまで十分に日数があったので、もちろん大安を選び、片づけに充分時間が取れるように引越し当日と翌日に休みを取って、準備は万全にしました。もちろん新居には事前に掃除に行き、あとは業者さんに運んでもらうばかりと思っていたのです。

ところが当日は突然の雨、朝からはなんとか曇りでもっていたのですが、昼頃からは土砂降りになってしまいました。

それでも業者さんは嫌な顔ひとつせずにてきぱきと荷物をトラックに積み込んでくれます。もう段ボールが濡れることなんてかまっていられません。

朝なにか用事が出来ても大丈夫なようにと、午後の引っ越しにしたのがあだになりました。雨はますますきつくなり、さらには強い風まで吹き出しました。業者さんが止めてくれたテープだけではドアが固定できず、私は玄関のドアを押さえて風に耐える始末です。

床には業者さんがシートを敷いてくれましたが、どの段ボールもじっとりと湿ってしまいました。業者さんにも余計な気を遣わせてしまって、こっちが申し訳ない気分になったのを覚えています。

引越し初日は段ボールを開ける気も起らず、最低限の荷物を取り出してそのまま寝てしまいました。ここにこれを置いて、新しいカーテンをひいてと楽しみにしていたのですが、どうしようもありません。

翌日が晴れてくれたのがせめてもの慰めですが、後にも先にもあんなひどい天気の引っ越しの経験はありませんでした。

参考サイト:エアコンの工事代次第で引越し費用は安くなる

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress